スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶の湯 表千家 京に楽しむ夏の茶 第2回

2007.07.09
NHK趣味悠々

茶の湯 表千家 京に楽しむ夏の茶







第2回 涼を味わう 季節の道具



<季節の道具>







夕顔の棗が紹介されていました。



平茶碗も、この季節ならではのものですね。



 



お茶をたてづらいと、よく嫌がられているようですが

慣れたら別に何てことないです。



ちょっと気をつけて茶せんをふるだけ・・・と

個人的には思っているのですが。



個人的には筒茶碗のほうが苦手です。







飲むのも、たてるのも。

・・・猫舌なもので、べつに冷えてくれて構わないのだ。

(筒茶碗は冷えないように、筒っぽなんです)



<絞り茶巾 割り稽古>



●袱紗の扱い



袱紗をつける、袱紗さばき



●棗を清める



ニの字を書くように



●茶杓を清める



袱紗をさばきなおし、

上、横、上の順でふき、棗の上に置く



<ちりうち とは>



禊、ちりをきる、などにつながるものがある?

それぞれの所作の意味は?

亭主のお客様への思い、もてなしの心のあらわれ



・・・で、結局

全然 絞り茶巾までいかない。

茶の湯 表千家 京に楽しむ夏の茶 第1回

2007.07.02
NHK趣味悠々

茶の湯 表千家 京に楽しむ夏の茶







第1回 茶の心にふれる



色々なものに「気づく」自分に・・・という、昌道和尚の言葉が

とても印象的でした。



・立居振舞の基本

 座る、立つ、歩く、礼、結界とは



 



平茶碗の季節ですね。

茶の湯 表千家 京に楽しむ夏の茶

2007.07.02
NHK趣味悠々

茶の湯 表千家 京に楽しむ夏の茶



7月2日~8月27日まで、全9回の予定。

そう、本日から放送なんです!



○放 送○ 毎週月曜日 午後 10時00分~10時25分

○再放送○ 翌週月曜日 午後  0時30分~ 0時55分







テキストもあります。



第1回 茶の心にふれる

第2回 涼を味わう 季節の道具

第3回 薄茶のけいこ 絞り茶巾の点前

第4回 探訪 千家十職

第5回 朝茶 その一

第6回 朝茶 その二

第7回 朝茶 その三

第8回 朝茶 その四

第9回 総集編

大徳袋、袋懐紙

2007.06.24
まず、大徳袋。







懐紙の片側が袋になっていて、茶席のお菓子を持って帰るのに重宝します。



もしくは、袋懐紙。







こちらは本格的に持って帰る感じ。

封筒状の(蓋のない)袋になっています。

蓋置七種(ふたおきしちしゅ)

2007.06.24
ほや(火舎、火屋、穂屋)

ごとく(五徳、陰架/いんか)

いっかんじん(一閑人、井戸覗)

みつにんぎょう(三人形)

さざえ(栄螺)

みつば(三葉)

かに(蟹)



・・・で七種。





茶道のお道具です。

色々あって、それぞれ扱いが違うから
覚えるのは大変だけれど、面白い!!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。