スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お通し前菜便利集

2007.02.11
別にそんなに珍しいものが紹介されているわけではない。

でも、出汁やあわせ調味料の説明であったり、
季節別にフルカラーの写真を添えて説明されている小鉢の数々に惹かれた。

食材の組み合わせの妙を楽しむこともできる。

大きくないけれど、中身も本の重量もずっしり重い一冊。
お値段相応の品。





お通し前菜便利集


【目次】(「BOOK」データベースより)

春のお通し前菜3~5月(魚介・肉・卵/野菜・海藻・豆)/夏のお通し前菜6~8月(魚介・肉・卵/野菜・海藻・豆)/秋のお通し前菜9~11月(魚介・肉・卵/野菜・海藻・豆)/冬のお通し前菜12~2月(魚介・肉・卵/野菜・海藻・豆)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)

田中博敏(タナカヒロトシ)
黒茶屋総料理長(井中居料理長)。1949年長崎県生まれ。長崎料理店「吉宗」に入社、日本料理の修業をはじめる。その後、関西に移り、「割烹豊仙」「ホテル白雲荘」「箕面観光ホテル」「峰山和久傳」を経て、滋賀「ホテルレークビラ」で熊野保氏の師事を受ける。1974年(株)灘萬(現在(株)なだ万)に入社し、「帝国ホテル店」勤務となる。1980年「仙台東急ホテル店」の料理長に就任。1985年には本店「山茶花荘」調理長となり、その後同店調理部長を歴任し、1997年には、「なだ万厨房」取締役調理部長の任に就く。この間、1996年には、東京サミットにて、中曽根総理大臣主催の公式晩餐会の調理担当を任命され、腕をふるう。1999年(株)黒茶屋の総料理長となり、現在は「井中居」の料理長を兼務する。また、2005年に開催された愛知万博にちなみ、(株)ジェイアール東海が新幹線および構内で販売している「味博覧」「至福」などの弁当のメニュー開発を行なうなど、多方面で幅広い活躍をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。