スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬には有害なキシリトール

2007.07.11


 虫歯予防の効果があると人気の甘味料「キシリトール」だが、犬が摂取すると逆に有害になる可能性が高いという。ガムをはじめ人間用には広く使われているが、犬用のペットフードでも使用例が多く、米国では中毒症状が急増しているというから、愛犬家には注意が必要だ。

 キシリトールの犬への有害性は、昨年8月に米動物虐待防止協会が、9月には米獣医学協会が指摘。これらによると、犬が体重10キロあたり1グラムのキシリトールを摂取すると、30分以内に血糖値が急激に下がり、おう吐、歩行困難、肝不全などの症状を引き起こす可能性がある。万が一の場合は早急にブドウ糖を点滴するという。

 日本獣医学会によると、日本での症例はまだ1例だが、米動物中毒制御センターが扱った例では2004年が約70件、05年が170件、06年は8月までで114件と急上昇。背景にはガム、クッキーなどキシリトール入りペットフードの急増がある。さて、人間への影響はどうか。

 米食品医薬品局などによると、犬は大量のキシリトールを摂取するとインスリンが分泌され、それによって血糖値が下がり低血糖症状を起こす。しかし人間はキシリトールではインスリンの分泌がほとんど起きないので安全だという。

 日本国内ではペットフード工業界が昨年10月、安全性を確保してから使用するように加盟社に通達を出した。現在もキシリトール配合製品は多いが、ペットフードメーカーも徐々にではあるが対応を始めており、徐々に店頭から姿を消しそう。

 犬は人間と違って、「唾液などによる口の中のPH値の関係でほとんど虫歯にならないため、もともとキシリトールを使う必要性があまりない」(獣医師)という。犬にはタマネギやニンニクを与えてはいけないというのはよく知られているが、ペットはあくまでも動物。安易に人間と同じ物を食べさせないように、注意が必要なようだ。

―キシリトールは犬に毒…摂取で嘔吐、肝不全の可能性(zakzak)





結構、キシリトール入りのって多いですよねー。。
つくったひとも、悪気があってキシリトールを入れたんじゃない・・・と思いたいですが。

多分、「流行ってるから」「人間には有効だから」って
単純にキシリトール入りにしたんでしょうが。



人間に対するものに比べたら
どうしても、適当なような気がします。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。