スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花日記

2007.01.06
白洲正子さんの米寿記念企画モノ、「花日記」

伯爵家に生まれ、米国留学。

実業家で「昭和の鞍馬天狗」「吉田茂の懐刀」と言わしめた
白洲次郎氏との結婚。

特に日本の美に対する造詣深く、
晩年までその輝きを失わなかった白洲正子さんの
ご自宅の四季を味わうことが出来る本です。

藤森武氏により映し出された美しい写真は勿論のこと、
白洲正子さんにより添えられた文章の魅せる素晴らしさ。

「無手勝流」と言い切る白洲正子さんの
客人に対するおもてなしの心が、かように美しくさせるのでしょうか。


花日記

藤森 武,白洲 正子

「花は自然に合ってすでに美しいもの。
 花の命を摘むのですから、いけばなとしたときには
 さらに美しくしなければいけませんよ。」

お稽古で先生がおっしゃった言葉です。

白洲正子さんの作品は、自然にある以上に美しくあります。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。