スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルビアのイメチェンCM

2007.02.04

セルビアが観光客誘致を目的として製作したコマーシャルに、米CNNが誤ってカザフスタンの音楽をBGMで使用してしまったことが明らかになった。

テレビコマーシャル「セルビア・忘れられない瞬間」では、セルビアは起伏する丘陵が多い国で、教会もあり、大自然と野生動物に満ちた国であるかのように紹介されており、どういうわけかほとんど人間が登場しない退屈な内容だという。

そればかりか、このCMを見ていたセルビア人が、目立って紹介される教会はセルビアにあるものではなく、ルーマニアにある教会であることを発見。セルビア東部国境を流れるドナウ川から間違ってルーマニア方向を撮影してしまったことが判明している。

このCMは、1990年代のユーゴスラビア紛争終結後、初めてセルビアがイメージチェンジを狙って行った広告キャンペーンだ。

セルビアのCM製作関係者によると、首都ベオグラードのナイトライフなど同国の楽しい一面を紹介するものに再編集する予定だという。

間違ってこのCMにカザフスタンのフォークミュージックを使用したCNNは、同コマーシャルの放送期間延長を約束している。

―「セルビアにおいで!」……ほとんど人がいないよ!?(REUTERS)




カザフスタンのBGMに、ルーマニアの教会・・・是非、再編集してほしいものです。

セルビア共和国は、元ユーゴスラビア連邦のひとつ。
(スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニアの6共和国で構成)

「セルビアの不可分の地方」といわれるコソボ自治州の問題がある、デリケートな国。



バルカン半島にも平和が訪れますように。。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。