スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンジー&ビオラ

2009.02.17
冬の花色が寂しい時期~春にかけて
大活躍するのが、パンジーやビオラ。



種まきでも育ちやすいし、
苗も安価で売っています。

苗を買うときは、低くがっしりしたものを。
徒長しているものは避けて。

根元がしっかりしていて、下葉が黄色くなっていないものを選びましょう。



お日様大好きなお花なので、
日当たりのよい場所で育ててね。



花期は毎日の花がら摘みで病気を防ぎ、
10日おきくらいに液肥をあげて栄養を補給させましょう。
スポンサーサイト

クリスマスローズ

2009.02.11


ニゲルも、オリエンタリスも、
どちらも「クリスマスローズ」で一括りになってしまってますね。

学名はhelleborus
キンポウゲ科に属します。



原種とされるニゲルは若干花期が早く、12月頃なのに対し
花色の豊富なオリエンタリスの花期は年明け2月頃。

いずれも「趣味の園芸」で特集が組まれるほど
人気の花になりました。



あまり知られていないようですが、全草に毒をもつ、毒草*です。
(さすが、キンポウゲ科。。)

皮膚が弱いと、植え替え中に葉に触れただけでも皮膚炎になることもあります。

ペットや乳幼児が悪戯できない場所に置いて、花を楽しみましょう

*成分
・ヘレボリン hellebrin
・サポニン saponin
・プロトアネモニン protoanemonin
・ラヌンキュリン ranunculin

*症状
皮膚炎、クシャミ、水疱、嘔吐、眩暈、不整脈、心臓麻痺

パーセノシッサス シュガーパイン

2007.06.06
パーセノシッサス シュガーパイン




葉が可愛らしくて、

育てやすくて、だいすき。



明るい室内でもちゃんと育ってくれる。

花屋さんの花図鑑

2007.01.07
買いたい花の名前がわかる!
「最新 花屋さんの花図鑑」

花材のみならず、グリーンも記載あり。
各種水揚げ法や花言葉も書いてあります。


最新花屋さんの花図鑑
井越 和子

アスチルベ、ダリア、スカビオサ、リコリスなどの花材から、
モンステラ、ナルコユリ、レモンリーフなどのグリーンまで。

各種花材のアレンジポイントが明確に書いてあるので
ラインを生かすのか、
マッスに向くのかなどがわかりやすいです。

続きを読む

花合わせ実用図鑑

2007.01.06
「花合わせ実用図鑑」は
花色、草丈、花期のいずれからでも検索することができ、
花のみならず、グリーンも豊富に掲載されています。

フルカラーで見ごたえもあり
1冊あると便利ですが、図鑑なだけに結構重量あります。。


デザインのための花合わせ実用図鑑
島村 宣幸,長岡 求

☆以下、本書の使い方より抜粋

これからは、植物を単なる素材として扱うのではなく、植物の生育する姿や適正な土壌などの環境を熟知し、植物のもつ個性を十分に生かす考え方が大切です。そして、自然の理にかなった組み合わせを考えるべきでしょう。本書は花合わせに役立つ日照、適した土壌、耐寒性、開花時期、植物の個性ともいえる主張形態や動きの形態などの植物データをひと目でわかるマークで表示しており、それぞれの花の美しさを際立たせる、最高の組み合わせのための実用的な花図鑑です。

 

【花色、花期、草丈から検索できる】
・植物は、草花、葉もの、樹木・枝ものに分類して紹介。特に、葉もの、ツルもの、枝もののグリーン類を充実させました。
・花色、葉の色、実の色によって、赤、桃、橙、黄、白、青・紫、緑に分類。
・葉ものは、グリーンリーフ、シルバーリーフ、カラーリーフに区分。
・花期によって、早春、春、初夏、夏、秋・冬に分類。
・草丈あるいは樹高は、基本的に低い順に掲載しています。さらに、見やすいグラフで表示。グラフの目盛りの範囲を超えるものは波線で示しています。

 

【植物データ】
・データは関東地方を基準としています。
・植物の生長条件となる、日商、土の湿り具合、耐寒性の有無、植物の動きの形態などのデータをマークで表示。土の湿り具合と耐寒性は、特別の条件が必要ない植物については、特に表示していません。
・基本的な育て方や管理のしかたを記述。植物を確実に理解したうえで的確な組み合わせができます。



【フラワーデザインのための情報】
・植物のキャラクターともいえる主張形態は、植物の姿形からくる目安となる主張性を、大きな主張、中程度の主張、わずかな主張の3つに分類したものです。
・動きの形態は、植物の生長による動きの特性を、上昇・直線型、上昇・オープン型、全方位上昇型など9つのパターンに分類したものです。
・水あげ法を全ての植物に表示。薬品を使わず、日常的に行うことの出来る処置を採用しています。
・切り花としての出まわり時期は、実際の開花時期より1~2カ月早くなっています。ただし、今日、花材は世界各地から輸入されており、周年出まわっている季節感のない花材が年々増加しています。

 

※主張形態と動きの形態については、ドイツにおけるフラワーデザインの造形理論の考え方に基づいています。

続きを読む








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。